ゆんたくん、5歳になりました♪ 幼稚園に通っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公証役場に行って来た。
2009年07月27日 (月) | 編集 |
今日は公証役場に、離婚の公正証書を作りに行ってきた。
公正証書とは、離婚の場合、慰謝料、養育費、財産分与などの取り決めについて公証人に法的に有効な文書にしてもらうもの。
離婚協議書と違い、支払いが滞った場合には裁判無しに強制執行できるそう。

ゆんたくんとばあちゃんを車に乗せ、コインパーキングがどこにあるかわからなくて、駅前のスーパーの駐車場に入れた。
ここの駐車場も時間単位でお金を取られるけど、後で買い物するから大丈夫。
駐車場は地下にあり、車はエレベーターで降りるんだけど、車ごと中に入ったら、薄暗いせいか、ゆんたくんが嫌がった。

すぐだからとなだめてたら、エレベーターが下がってゆっくり止まった。
扉が開くまでにしばらく間があり、ゆんたくんが
「あかんがん(開かないじゃない)!」
と、もろ岡山弁で言うので、ばあちゃんと私、思わず笑った。

ゆんたくんと公証役場まで歩くと、だっこしろと言うので、道程が遠く感じられた。
応接室で公証人の先生と内容の打ち合わせ。
ゆんたくんは最初、大人しくしてくれなかったけど、そのうちに持ってきたミニカーで邪魔にならない程度に大人しく遊んでくれていた。

私の運転免許証のコピーを取り、パパはまだ免許証の住所を変更してなかったので住民票を、それから戸籍謄本を提出。
公正証書に書いてもらう内容を決めて、見本を作ってもらうのに、時間がかかるので、またしばらく駅前のスーパーに戻って時間をつぶすことにした。
暑い中をゆんたくんを連れて往復するのは結構大変。
地下の飲食できるテーブルでジュースなど飲んでいると、よそのおじいさんが立ち止まってゆんたくんを見ていた。
で、かわいいなあと声をかけてくれた。

時間なのでまた、公証役場まで歩いていった。
見本を見て内容確認した上で、さらに少し訂正を加えてもらうことになった。

今日はこれで終わり。
帰ってからじゃないと確認できないことが出て来たので、こっちから後でFAXで知らせることにして、その後は公証役場から出来上がったら連絡が入ることになっている。
そしたら、今度はパパと一緒に印鑑を持って行くことになる。
次回は、パパに運転してもらおう。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。