ゆんたくん、5歳になりました♪ 幼稚園に通っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちに帰らない
2010年04月01日 (木) | 編集 |
昨日の夜、早々と寝て、夜中に起きたゆんたくん。
いつまで起きてるの??って感じ。
ゆんたくんが騒いで、ばあちゃんが起きてきた。
私が明日仕事なので、ゆんたくんの相手を代わってくれた。
と言っても、ゆんたくんは私を寝かせてくれようとしないので、私はばあちゃんの寝室に入り、鍵をかけた。
ばあちゃんのベッド、ばあちゃんが冷え症のため、やたら暖かくしてあった。
いつもより軟らかい寝床でしばらく寝付けなかった。

朝起きたらやっぱりちょっと寝不足。
ゆんたくんとばあちゃんは居間で寝ていた。


今日のレジは、最初のうちこそ、指導してもらっているNさんが見ている状態でレジ打ちしていたけど、しばらくするといつのまにやら私一人の状態に。
たまにどう直したらいいのかわからないエラーや、値段が特価になってないとお客様から指摘を受け、サービスカウンターに助けを求めた。
お昼休憩の前に、一度レジの現金を数え、無事間違いもなく、珍しくNさんにお褒めの言葉を頂き、ちょっとビックリ。
いや〜、褒めてくれることもあるんだ〜。

ばあちゃんからメールで買い物を頼まれたので、食料品の買い物をした。
頼まれた以外にも飲み物を買ったら結構な重さになったよ。

自宅に着いたら、ばあちゃんに呼ばれたような気がした。
ゆんたくんとばあちゃんが散歩でもしてきたのか、歩いて住宅街から出てきた。
ゆんたくん、私と手を繋いで家のほうに歩くので、てっきり家に入るのかと思ったら、どうやら車に乗りたかったらしい。
あまりにもしつこいので、疲れていた私、しばらく横になってからゆんたくんを連れて出発した。
アンパンマンの始まる頃を見計らって帰ってきたんだけど、いくらアンパンマンが始まるからって言っても、おうちに帰らないと言って聞かなかった。
でも、テレビ画面を見た途端、機嫌をなおしたよ。
やれやれ〜。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。