ゆんたくん、5歳になりました♪ 幼稚園に通っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆんたくんの鼻詰まり、早く良くなるといいな。
2006年11月03日 (金) | 編集 |
お母さんがどこからか帰ってきたので、聞いたら近所の親戚のS家に行ってたらしい。
今度車で買い物に行く時に、ついでにおむつを買って来てくれるよう頼んだとのこと。

12時を過ぎて。
お母さんが「Mちゃん(母の上の姉)はあのアパートに来たんじゃろうかなあ」と言うので、
「知らん知らん、影も見たくない」
と言ったらうけてた。
あまり好きじゃないんだな~(-_-;)
お母さんがゆんたくんのことを
「あの愛想笑いはなんのつもりで笑っとるんじゃろうな」
と言って笑った。

2:20頃、目が覚めた。
ゆんたくんにまず、シロップの風邪薬を飲ませたら、ちょっと変な顔をしながら飲んでた。
その後、ミルク140ml。
飲むのが早い。5分で飲み干した。
げっぷをさせようと背中をぽんぽん叩いたり、さすったり。
眠そうな目なのに、声は大きめ「えーえ」

ゆんたくんは3:15~5:50くらいまで寝てた。

私が「魂の伴侶」(ブライアン・L・ワイス著)という本を読んでいたら、寝息を立てて寝てた。
寝ようとして電気を小さくしたら、目を開けて、瞬きしてまた寝てた。

起きたのでオムツを替え、ミルクを作った。
ミルクをもってきたら、それまで悲しそーな声を出してたのに、はっとしてこっちをみて、喜んだのがおもしろかった。
で、また泣きそうになった。
飲んだ後、背中ポンポンしながら「こっち向いて~」と言ったら、こっち向いてくれた。

インターホンが鳴って、誰かと思ったらS家の奥さんのKちゃん。
メリーズのSサイズ、2パック買って来てくれた。

5:22にお母さんがゆんたくんにミルクを飲ませた。
飲んだ後、ゆんたくんが自分で持っていたタオルハンカチで口を拭いた。
と思ったら、思い切り手を振って投げたので笑った。

7時過ぎ、お母さんがゆんたくんを抱っこしてテレビを観ながら、
「ゆんたちゃん、野球の選手になる?それともサッカー?バレーボール?」だって。
7時半頃、お母さんがゾウさんの替え歌で、
「ゆんたちゃん、ゆんたちゃん、お~鼻が短いのね……」
と歌ってた。
さらに、関ジャニの歌にあわせて、お母さんがゆんたくんの両脚を持って動かしてた。
ゆんたくんじゃなく、私がウケてどうする?
8:20頃、ゆんたくんはミルクを飲んで、グーグー寝てた。

10:40頃、泣いて起きた。
お母さんがゆんたくんを抱っこ。
私はゆんたくんのハナを取って、薬を飲ませた。
スポイトを洗って戻ってきて、
私「よく寝たなあ。これから起きとくつもり?」
お母さんと笑った。

1:00頃、お風呂から出てきたら、ゆんたくんは鼻がつまってるせいで、いびきをかいていた。
早く良くならないかなあ……。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。