ゆんたくん、5歳になりました♪ 幼稚園に通っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくだけど……
2006年11月09日 (木) | 編集 |
日付が変わって、お母さんと、S家からもらったお下がりの服の話になった。
今日も洗面所のカゴに、裏が真っ黒のソックスがあるなあと思ったんだけど、やっぱりS家からのもらいものらしい。
きれいなものから、きったないものまで、何でもくれるS家の奥さんのKちゃん……。

お母さん、「キレイなのならもらう」と言ったらしい(^^ゞ
お母さんはSさんちの奥さんと仲いいから言えるけど、私はそこまでは言えない。

朝、いつものようにパン屋さんがインターフォンを鳴らした。
時計を見ると、8時台。
すぐに着替えた。
その間に人の声と車の音がしたんだけど、外に出てみるともういない。
いくらなんでも早すぎるだろうよ!

夕方、ゆんたくんと一緒にうたた寝。
起きてもまだまだ眠い~。
でも起きた。

お母さんは食事の支度。
私はぐずるゆんたくんを抱っこしたり、鈴の鳴るおもちゃ振ってみたり、子守唄を歌うと私の顔を見ているけど、そのうちそれも効き目がなくなったりして、ずっと構いっぱなし。

風邪薬飲ませても、馴れちゃったのか全然眠くなる気配なし。
この前までは薬飲んだ後はえらい勢いで寝てたのに~。
なので、晩御飯は交代で食べた。

9:50からミルク。
お母さんの膝に、片足乗せて飲んでるゆんたくん。
おめめつぶってて、これ飲んだらねんねしそう。

ミルクの後、お母さんがだっこしてたんだけど、だんだん大人しくなってきたので、急いでお風呂に入れることに。
服を脱がせようとしたら、もう寝てる。

ベストの前を開けたら、ねぼけ眼でびくっとして起きた。
眠いので泣くかなと思ったけど、泣かなかった。
お風呂の後、服を着せて布団に連れてって子守唄。
歌う必要もなかったと思うほど、さっさと寝てくれた。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。